Home ファッションから学ぶこと
« Home »
2月 27th, 2014 コメントは受け付けていません。

ファッションから学ぶこと

Tags
Plurk
Share this

乾燥
どんなファッションが自分を美しく見せてくれるのか、それについて考えることはとても大切だと思います。考えるということは、自分を客観的に見るということでもあります。自分の肌の状態はどうなのか、足は長いのか、体型はどうかなど、おそらくはひとつひとつ正確に捉えることは(精神的に)辛い部分もあるかもしれませんが、自分を総合的に美しく見せるためには避けて通れぬものだとも思います。(残念ながら)自分の足の形が自分の理想と違う場合には「敢えて隠す」こともひとつの手段かもしれません。そのかわり、自分の美しい部分については最大限に生かしましょう。肌の美しい方は色鮮やかな装いが映えることでしょうし、スリムな方はファッションの幅も広がることでしょう。鎖骨の美しい方は襟ぐりの開いたデザインもよろしいでしょう。どんなファッションをしているかは「自分がどんな人間か」にも通じることであります。シンプルさを愛するか、装飾するのが好きなのか、質より量か、または量より質か。確かにファッションは暮らしのごく一部に過ぎませんけれども、そこから見えてくるものは多いのではないでしょうか。
http://xn--bb-mh4a9hwb7f361vtg7ctt1a.net/

Comments are closed.